アントニオ・サンチェス

アントニオ・サンチェス

1984年マドリード生まれ。叔父にパコ・デ・ルシアとラモン・デ・アルヘシーラス、ペペ・デ・ルシア、従兄弟にホセ・マリア・バンデラを持ち、恵まれた環境のもと幼少の頃よりフラメンコギターに親しむ。後にフアン・マヌエル・カニサレスのもとで本格的にフラメンコギターを学び、マドリードのタブラオでデビューを果たす。その後、アントニオ・マルケス舞踊団に参加しステージ経験を積む。2008年には東京のタブラオ「エル・フラメンコ」で、舞踊家ドミンゴ・オルテガと6ヶ月間共演。近年ではパコ・デ・ルシアのツアーに第2ギタリストとして参加。現在、バルセロナの有名なタブラオ「エル・コルドベス」や著名な舞踊家の公演に多数出演し、有望な若手ギタリストとして注目されている。

Cante カンテ

マリナ・エレディア
ルビオ・デ・プルナ
マヌエル・タニェ
エル・ガジ
ファニジョロ
モイ・デ・モロン

Guiter ギター

ロマン・ビセンティ
パコ・イグレシアス
エミリオ・マヤ
マヌエル・カサス
アントニオ・サンチェス

Baile バイレ

ルイサ・パリシオ
ソラジャ・クラビホ
エステル・エステバン
アルバ・エレディア
エル・オルーコ
ミゲル・エル・ルビオ
イバン・バルガス
ミゲル・アンヘル・エレディア
イバン・アルカラ